検索

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
webmaster@shl.co.jp

※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

携帯で読む

当日分のQ&Aを携帯からご覧いただけます
携帯にURLを送る

スマートフォンで読む

Q&AをiPhone/スマートフォンからご覧いただけます
iPhone/スマートフォンにURLを送る

過去ログ

続・人事部長からの質問

人事担当者の方からのご質問に対して当社役員、HRコンサルタントが交代で答えさせていただきます。
是非、ご質問、ご感想をお寄せ下さい。
なお、このQ&Aにおける回答は各回答者の個人的見解であり、当社の公式見解を示すものではありません。

2014/11/21

1579

学校まわりをしています。学校は前向き(就職活動に対して)なのですが学生の反応は今ひとつのところが多いです。当社へのエントリーはひとまず置いておいて学生を前向きにさせるためにはどんなメッセージを発信すれば良いのでしょうか?

この時期、ほとんどの学生の頭の中は、「就職活動」ではなく「就社活動」の準備のノウハウ獲得で一杯です。「先輩が入ったあの会社に入ること」を夢見ていますので、働くことに対する意識がまだ形成されていません。
こうした学生に対しては「社会に出て仕事をするということ」をわかりやすく説明し、その具体的事例として「御社のような業界で働くこと、働くイメージ」を示します。
「御社で働くこと、働くイメージ」を実際の社員、役員の仕事ぶりを通じて理解してもらえればさらによいでしょう。
また学生は、自分がどんな仕事にあっているのかわかっていませんし、どのように測ればいいのかも知りません。「君がどんな仕事に興味があるかは別にして、仕事や組織とのマッチング適性などを知っておくのもこれからの就職活動に役に立つよ。」「当社の適性検査の結果をもとにアドバイス(フィードバック)をしてあげるよ」と勧めてみてはいかがですか。
社会人の先輩として学生である(後輩)の君たちに、アドバイスしてあげるよ、というスタンスです。
こうした中で、自分の適性を理解した学生が仕事の実例として御社に興味を持ち、御社にエントリーするということにつながっていくと考えます。

文責:奈良 学

2014/11/20

1578

新卒紹介サービスを利用する学生はしない学生と能力に何か差はあるのでしょうか?

それぞれの平均などデータを取ったことがないのでまったく解りません。

能力については一人一人異なるのでどこからエントリーしてくるか、紹介されてくるかなどはとりあえず先入観を持たない方が良いでしょう。何年かやってみて傾向が掴めるようであれば貴社なりに何を活用するか検討すればよいと思います。

文責:三條正樹

2014/11/19

1577

職業病を感じたエピソードがあれば教えてください。

娘(中学生)の期末試験結果を見て「なんで70点台があるのよ!」と文句を言っている妻に対して、「素点だけ見て、悪いと決めちゃだめでしょ。平均値と標準偏差を勘案しないと。」と返し、成績表を見ると各科目の平均値しか記載されていないため、つい娘に「全科目の標準偏差を先生に聞いてきて。」と言ってしまいました。
後日、娘が先生に聞いてみると、標準偏差は出していないとのことでした。

文責:清田 茂

2014/11/18

1576

当社は中小企業なのですが、来年の3月までのナビ媒体が開くまでに効果的な広報の仕方はありますか。

「効果的」とは、どの点での「効果」でしょうね。コスト面、人の手間、応募者数のアップいろいろあります。
ここ数年、新卒採用意欲の高まりで各主要ナビサイトの掲載社数はどんどん増加しています。その中で学生に馴染みの薄い業界や規模の小さな中小企業はどうしても埋もれがちです。加えて2016年卒採用からは広報開始が3月、選考が8月からと短期集中になりますので、学生側のスタート時期のブランド志向が強まりそうです。ナビ開始前に少々手を打っても即効効果は期待できません。
今後、中小企業は採用選考の指針に捉われず独自の広報(学生との接点)、選考手法(学生への意識付け)を検討していく必要があります。
就活シーズンに合わせるのでなく、長い目で学生との接点を持つ発想が大切になります。「キャリア支援のインターンシップや地元の大学生との接点をもつイベントを開催する。アルバイト学生の中から積極的に採用する仕組みを作る。先輩社員の母校訪問を定期的に行う。」など日頃の活動を継続することが、結果的に採用に効果をもたらすのではないでしょうか。

文責:奈良 学

2014/11/17

1575

適性検査を用いた研修事例を教えて下さい。

適性検査の結果を元に研修のコースを選択する方法はかなりの事例があります。

他にもリーダーシップ研修において自分自身の適性検査の結果を持参させる事例もあります。自身の結果を持って受講する場合の方が集中するからです。
この手法は人間ドックの結果を持って健康維持のセミナーに出る方が効果的ということに近いです。

文責:三條正樹