検索

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
webmaster@shl.co.jp

※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

携帯で読む

当日分のQ&Aを携帯からご覧いただけます
携帯にURLを送る

スマートフォンで読む

Q&AをiPhone/スマートフォンからご覧いただけます
iPhone/スマートフォンにURLを送る

過去ログ

続・人事部長からの質問

人事担当者の方からのご質問に対して当社役員、HRコンサルタントが交代で答えさせていただきます。
是非、ご質問、ご感想をお寄せ下さい。
なお、このQ&Aにおける回答は各回答者の個人的見解であり、当社の公式見解を示すものではありません。

2014/07/23

1496

会社を起業する人はどんなパーソナリティを持っているとお考えになられますか?

起業家コンピテンシーからパーソナリティを紐解いてみましょう。
当社が定義している起業家コンピテンシーは以下の4つです。

  • 商才:財務の視点で問題を把握しようとする。損益や市場、付加価値の観点でものを見る。
  • 戦略性:広い視野で問題をとらえる。問題の長期的な影響や意味について考える。
  • 創造性:職務において斬新なアプローチを思いつく。慣習に対して懐疑的であろうとする。
  • 行動力:決断力があり、率先して行動を起こす。

これらのコンピテンシーを発揮している人の共通するパーソナリティを言葉で表現すると以下のようになります。
人に影響を与えることを好み、ロジカルで情に流されず、変革を好み、先を見据え、リスクをとり、素早く意思決定し、目標に向かって努力を惜しまない人。

文責:清田 茂

2014/07/22

1495

文章力を向上させたい。何か良い方法は無いか?

私も文章力がある方でないので、何とも申し上げられませんが、まずは、名文を読むことです。昔から語り継がれている世界の古典、名作をどんどん読みましょう。
そして、短い文章でも良いので、毎日でも文章を書くことです。書いた文章が他の人の目に触れる機会があればさらに効果的です。私的なものでは、いまは日記のように気軽に書けるブログといった便利なものもあります。
仕事上でも書く機会を積極的に増やしましょう。業務上の提案書、会議議事録、自分の目標や部下へ伝える指示、何でも結構です。どうもうまく伝わっていないなと感じたら、文章構成や表現が拙いのかもしれません。また、一度書き上げても、一日置いてから再度読み直してください。結構校正部分がみつかるはずです。

文責:奈良 学

2014/07/18

1494

成果が出ないチームがあります。マネージャを変えるだけで成果が出るようになることはあるのでしょうか?

仕事にもよりますがほとんどの場合、優秀なマネージャによってそのチームの成果は大幅に変わります。
マネージャが変わることによってチームの成果がプラスにもマイナスにも変化するシーンを何度も見ています、またその経験から確証があります。

一番わかりやすい事例(実話)は人事考課の高かった優秀な営業スタッフとそうじゃない平均以下のスタッフを分けてチームを作り、異なるマネージャで同一の営業をしたところ半年で実績が逆転してその後数年間変わりませんでした。平均以下で構成した営業チームがエース、優秀な営業スタッフで組んだチームは二軍と社内では呼ばれるようになりました。
マネージャの能力とはそれくらい影響がありスタッフ全体を活性化させます。

自分は社内でこのことを説明するとき「信長の野望」(光栄)がいかに画期的なSLG(シミュレーションゲーム)であったかという話にたどり着きます。「信長の野望」の兵力は常にその大名の能力に影響されるのです(武器や練度もあります)。
強い大名に率いられた兵は強い兵になる。マネージャの影響力を的確に表しているのだと思うのです。

文責:三條正樹

2014/07/17

1493

営業として入社した新入社員に、訪問件数等の個人差が出てきました。適性検査の結果を使ってうまくいっていない社員をフォローするとしたら、どんな点に注意したら良いでしょうか?

訪問件数が少ないのは、訪問のアポイントメントが少ないからです。
アポイントメントが少ない理由は、とれないからか、とれるけどとらないからかのいずれかです。とれるけどとらない理由は、意欲がないか、必要性を認識していないか、です。とれない理由は、不適切なやり方をしているか、スキルがないか、適性がないか、です。
このように訪問件数が少ない人をフォローするにも要因は様々です。このなかで適性検査結果を使うことが効果的なのは、アポイントメントをとれない(能力が弱い)場合です。アポとり能力の開発が必要であることをしっかりと認識してもらった上で、苦手の要因が自分のパーソナリティのどの部分にあるかを対話を通じて明確化しましょう。この対話の際にパーソナリティ検査を使います。押し付けてはいけません。自らアポとり能力開発の阻害要因となっているパーソナリティ因子に気付くことが出来るよう対話してください。本人の納得感が何より大切です。その上で、アポをとる際に気持ちの持ち方やとりやすくなるためのヒントを伝えてください。習慣化するよう日々の行動計画を作り、毎日進捗の確認をしてください。

文責:清田 茂

2014/07/16

1492

新入社員がこの夏にやるべき事は何でしょうか。アドヴァイスがあれば教えてください。

入社後3ヶ月が過ぎ、そろそろ会社にも慣れてきたころでしょう。まだ研修期間が続く会社もあるかもしれませんが、7月からは先輩社員と同じく「正社員」として成果を出していくとの気持ちを明確にもっていただきたいと思います。
6月からクールビズになり少し開放感が職場でも感じられる頃です。暑くなりますが、若いのですから夏こそ心身を鍛えましょう。

文責:奈良 学