検索

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
webmaster@shl.co.jp

※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

携帯で読む

当日分のQ&Aを携帯からご覧いただけます
携帯にURLを送る

スマートフォンで読む

Q&AをiPhone/スマートフォンからご覧いただけます
iPhone/スマートフォンにURLを送る

過去ログ

続・人事部長からの質問

人事担当者の方からのご質問に対して当社役員、HRコンサルタントが交代で答えさせていただきます。
是非、ご質問、ご感想をお寄せ下さい。
なお、このQ&Aにおける回答は各回答者の個人的見解であり、当社の公式見解を示すものではありません。

2016/05/27

1942

マネージャークラスの方へOPQの結果をフィードバックする際に留意点がありましたら教えてください。

マネージャークラスの方は、ご自分の仕事ぶりには自信をお持ちの場合が多いです。OPQの結果から強み、弱みを伝えても、自分のパーソナリティの傾向がよく出ている(測れている)とは感じても、それを自分の業務に投影して、今後に活かしていこうと意識できない方がいます。
「この結果を踏まえて、ご自分のチームの部下への指導方法やコミュニケーション方法を振り返ってみてどうですか」「ご自身のマネジメント力についてOPQの強み、弱みがどのように表れているか考えてみて下さい。いかがでしょう」「日頃、上長や部下からあなたのマネジメントについて言われたご意見や感想について、この結果から気付く点がありますか」「チームの業績向上のためには、この結果を活用してご自身でどのようにマネジメントしていこうとお考えですか、目標と計画設定をしてみましょう」といったように業務遂行のためのマネジメント力アップに結び付けたフィードバックを心掛けて下さい。

文責:奈良 学

2016/05/26

1941

ノートPCを購入するにあたり、MacかWindowsどちらにするか悩んでおります。
ご回答者様の意見をお聞かせ下さい。
※仕事で使うことは無く、プライベート用です。

PCの選択においてOSを意識する必要はありません。MacもWindowsもとてもよくできたOSなので困ることはないからです。
OSを目的に買うわけではなく、何かソフトウェア(アプリケーション)を使うために購入するのでしょうから、まずはそのソフトウェアを絞り込む事から始めましょう。
必要なものが動く環境を確認してOSとハードウェアを選択する。これが王道です。

迷ったらWindowsを奨めます。OSの操作を改めて覚える必要が無いからです。

文責:三條正樹

2016/05/25

1940

エッジの利いた内定者フォローの事例があったら教えてください。

内定式の前後1週間に、内々定者全員をハワイ旅行に連れて行き、採用担当者とともに心の底から南国リゾートをエンジョイします。
うらやましいバブル時代の内定者フォローです。アラフィフ(50歳前後)の社員の方に当時の話を聞いてそのまま実践してみてください。現代においてはエッジが利いたものになっているはずです。

文責:清田 茂

2016/05/24

1939

10名採用する場合の適切な母集団の人数は何名くらいか?

どの段階の層を「母集団」とするかにもよります。単純なエントリー段階の100倍程度という1000人という数字から、会社説明会参加以降のエントリーならば5倍程度の50名でも採用可能というように幅があります。
理想的な「適切な母集団」は、10名です。御社の業務に適性のある学生層に対して、学生が求める情報の提供時期、方法そして提供する内容が適切であれば、御社に入社したいという学生のみ応募してくるはずだからです。志望意欲の無い水増し応募が増えても意味はありません。
ただ御社の採用選考時期や選考フロー内容、そして学生が競合して受験する他社との兼ね合いにもよりますので、いくつかのコンサルティング会社から御社の採用市場におけるポジションをヒアリングしてみて下さい。

文責:奈良 学

2016/05/23

1938

日曜日の夕方になると気分が憂鬱になる。何かお勧めの気分の切り替え方があれば教えて欲しい。

気分の切り替えなど逃避でしかありません。

現実と向き合ってください。
まずなぜ憂鬱になるのかすべて紙に書き出します。
それを自身で読んでみてください。
どうです?大したこと書いてないでしょう。

もしそう思えなければこう考えてください。

「命を取られるようなことをするわけじゃない」
これで大半のことは軽く感じるはずです。

憂鬱になりそうなとき死んだ親父の言葉が蘇ります。
上記の言葉と「今、そこにいられる感謝が足りない」という言葉です。

文責:三條正樹