検索

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
webmaster@shl.co.jp

※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

携帯で読む

当日分のQ&Aを携帯からご覧いただけます
携帯にURLを送る

スマートフォンで読む

Q&AをiPhone/スマートフォンからご覧いただけます
iPhone/スマートフォンにURLを送る

過去ログ

続・人事部長からの質問

人事担当者の方からのご質問に対して当社役員、HRコンサルタントが交代で答えさせていただきます。
是非、ご質問、ご感想をお寄せ下さい。
なお、このQ&Aにおける回答は各回答者の個人的見解であり、当社の公式見解を示すものではありません。

2015/05/22

1697

グローバル化で外国語に強い人を採用していますが、配属先の評判が良くありません。外国語の能力と現場社員のうけのどちらを優先すべきですか?

英語、仏語、独語、中国語、韓国語といった一般外国語であれば大学卒業レベルの下地があれば、入社後仕事を覚えてからでも習得できます。海外駐在が決まってから短期の語学留学を経て海外に赴任する企業も多いです。
ここでは配属先の評判が良くないという具体的なポイントがわかりませんが、外国語の能力の高さよりも御社の人材採用要件に照らして合致しているかをまず判断すべきです。
「現場うけ」も適性、能力とは一致しないケースがあります。グローバル人材の採用意義を現場に伝え、現場での活用、育成方法を確認しておかないと高い能力の人材も生きません。現場が求めるグローバル人材の定義ともすり合わせて下さい。
いっそのこと日本語が話せる外国人を採用した方が現場にも刺激を与えるのではないでしょうか。

文責:奈良 学

2015/05/21

1696

中途採用でテストを利用しています。年齢によって、知的能力の得点に差は出てくるのでしょうか。

当社の知的能力テストは脳の筋力のようなものを測定しています。使わなければ劣化しますし、使っていれば衰えはほぼ無いと考えてかまいません。
経験や技能、人脈などで採用する場合は重視する必要はありませんが業務が流動的で実務処理等に一定の期待があるなら知的能力の結果をある程度重視する必要があります。
特に中途採用の場合、実績が確認しづらく面接の誤差が大きいケースが多々あるので知的能力は欠かせない基準と考えます。

文責:三條正樹

2015/05/20

1695

東南アジアへの進出を考える際に現地出身の留学生を採用したいと考えている。入社した後、現地の社員として働いて欲しいと考えている。適性テストなどを受検させる際に注意すべき点はありますか?

ご質問のケースに限定した注意点は特にございません。
一般的なことですが、入社後に行う仕事の適性を判断することが可能なテストを実施すべきです。加えて、知的能力テストは母国語で受検させると真の知的能力が測定できます。
日本語能力と測定対象となる知的能力は独立したものであることを肝に銘じて知的能力テストを実施してください。パーソナリティ検査は時間制限がないものが多いため、母国語にこだわる必要はないと考えますが、日本語能力が著しく弱い受検者の場合、結果を信頼できません。

文責:清田 茂

2015/05/19

1694

総合職と一般職とで、新人研修の内容をわけたほうがよいでしょうか。それとも全員同じ内容で実施したほうがよいでしょうか。

そもそも研修の目的は何でしょう。新入社員に会社の雰囲気に慣れてもらうことでしょうか、それとも同期同士が仲良くなれるようにするためでしょうか。違いますよね。
一日でも早く業務に取りかかれるように基礎的な知識を習得させ、キャリアのスタート時点で今後の学ぶべき目標を確認させ当面の自己成長計画を立てさせるためです。
社会人マナー講座や社内規則説明などは総合職、一般職に関係なく全員で受講しても差し支えないでしょうが、業務に関連した内容の研修であれば別々に行った方が受講する側も真剣さが増すのではないでしょうか。質疑応答も活発になるでしょうし、研修内容が理解できたかの確認もできます。研修後の(仮)配属後の業務にそのまま生きるはずです。

文責:奈良 学

2015/05/18

1693

直属の部下のパーソナリティ検査をうまくフィードバックするポイントを教えてください。日頃から業務でややトラブルの多い社員なのですが、結果を見るとやはり弱みが多いと感じられ、直すべき点ばかりを指摘して終わってしまいそうです。

パーソナリティのフィードバックなど関係ありません。
今現在見えている、起こっている現実のフィードバックが必要なのです。

  • トラブルが将来的にどのようなデメリットを生むのか理解してもらう
  • トラブルを防ぐためにはどうすればよいか考えてもらう
  • 矯正できたかどうかのチェックリストを第三者と本人につけてもらう

これらを実行して一つずつ解消していく必要があります。

パーソナリティのフィードバックはどうしても抽象的になってしまうため考え方や方針作り、今後のプランなどには利用しやすいのですが今現実に起きているトラブルには不向きです。
なぜならパーソナリティは簡単に変えられないからです。

文責:三條正樹