検索

ご質問

お気軽にご質問をお寄せください。
webmaster@shl.co.jp

※お送りいただいた全てのご質問を掲載するわけではございません。また質問内容を抜粋して掲載する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

携帯で読む

当日分のQ&Aを携帯からご覧いただけます
携帯にURLを送る

スマートフォンで読む

Q&AをiPhone/スマートフォンからご覧いただけます
iPhone/スマートフォンにURLを送る

過去ログ

続・人事部長からの質問

人事担当者の方からのご質問に対して当社役員、HRコンサルタントが交代で答えさせていただきます。
是非、ご質問、ご感想をお寄せ下さい。
なお、このQ&Aにおける回答は各回答者の個人的見解であり、当社の公式見解を示すものではありません。

2015/03/27

1661

ワーク・ライフ・バランスの考え方が日本でも重要視されるようになった。働き方の多様化を認めている企業の事例とその効果を教えてほしい。

ワーク・ライフ・バランスの企業事例は新聞、雑誌、ネットなどで紹介されています。
内閣府のホームページにも事例が掲載されています。ご参照下さい。
URL:http://wwwa.cao.go.jp/wlb/kanren/kanren8.html
企業によって、主たるテーマ、狙いが異なります。また実践するうえでもその企業によって実行しやすい施策に違いがあります。
御社でお考えになっている優先事項はわかりませんが、よく話題になる子育て支援制度では、女性の育児休暇だけでなく男性社員にも育児休暇を認める事例などは参考になるのではないでしょうか。

文責:奈良 学

2015/03/26

1660

エントリーシートがよくできている人(評価の良い人)と適性テストによる相関関係が見られる事例はありますか?

あまり考えたことがありません。
テキストマイニング等で応募者が何に反応したかなどのリサーチをしたことはありますが、適性テストと絡めてまで発展させませんでした。

エントリーシートの評価は非常に難しいのです。
もしエントリーシートの結果を5段階程度デジタルに評価を付けている企業があれば、入社後のパフォーマンスとエントリーシートの評価の相関をとってみてください。正の相関がある程度あるのであればエントリーシートのお題作りと評価者が相当良いのでしょう。

当社でも何度か試したことはあるのですが志望意欲の確認ですら結構難しいと見ています。

文責:三條正樹

2015/03/25

1659

適性検査の適正価格はいくらですか?1名500円のものから1万円を超えるものもありますが、そんなに違うものでしょうか?

適性検査の価格は、ユーティリティ(有用性)と競合商品の影響を受けます。
ユーティリティは受検対象者と目的によって変わります。社長の選抜の場合、選抜ミスによる会社の損失は甚大ですから、1名につき50万円以上のアセスメントを実施しても十分なリターンが得られます。一方、新卒採用の応募者集めのためプレエントリー全員(5万名)に自己分析用の適性検査を実施する場合、1名あたりの受検料は100円以下でなければ別の方法を検討することになります。
概ねこのような感じです。難易度が高い(成功する人が少ない)大きな利益を生み出す仕事の候補者を選抜するために用いられる妥当性(予測力)の高い適性検査は値段が高く、難易度が低い(誰でも出来る)利益貢献の少ない仕事の候補者を選抜するために用いられる妥当性(予測力)の低い適性検査は値段が安い。
あとは競合商品との関係によって価格が決まります。

文責:清田 茂

2015/03/24

1658

面接中に余計な質問(プライベートに近い)をしてくる応募者に腹が立ちます。余計な質問をするなと言うのも難しいですし評価に反映させるのも気が引けます。どういう扱いをすべきでしょうか?

プライベートに近い質問ということですが、応募者が面接官との距離感を近いものにして評価を上げてもらおうと意図したことなのか、単に興味を持ったのかはわかりません。
社会人としての常識を疑うような質問なら別ですが、評価に反映すべき事項でもありませんのでプラスでもマイナスでもなく無関係(無視)でよいのではないでしょうか。
どうしても応募者の意図が気になるなら、「いまは、採用にかかわる面接中です。いまのご質問内容は、採用の可否に直接関係ないと思いますが、なぜそのようなご質問をなさるのですか?参考までにお聞かせ下さい。」と尋ねてはいかがでしょう。

文責:奈良 学

2015/03/23

1657

研修を企画しています。管理職候補者向けの研修は内容が決めやすいのですが、管理職候補者の前、プレーヤーとしてある程度のベテラン向けへの研修はどのような内容が効果的でしょうか。

もしすべて自社で研修をしているのであればいろいろな策があると思います。

  • 管理職になるために何が足りないのか、どんな行動が必要なのか?
  • 競争性のあるものを使って刺激を与える
  • やさしい内容と難しい内容を混ぜて自信を持たせつつ各自のウィークポイントを再確認させる

自分も研修をやるようになってわかってきたことがあるのですが、伸び悩んでいる社員の大半は結果が伴わないときに自分以外の責任を第一にあげてきます。外から見ているとそんな事も無いのですが「自分(私)は悪くない」というアクションが皮膚感覚で染みついています。
そのことを一部の参加者にだけでも気づかせるような内容を作るのがよいと思います。

文責:三條正樹